御褒美日記

がんばった自分へのごほうび
2017年09月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年11月
TOPおでかけ ≫ 魚のおろし方講習に行ってきました。その③

魚のおろし方講習に行ってきました。その③

P1280777.jpg

ずいぶんと間が空いてしまいました。

高橋善郎料理研究家さんによる講習会

東京に出かけるいい機会

そんな理由で申し込んだってこともあります。


デモンストレーションの後はいよいよ実習
P1280759.jpg

ステンボールがいっぱいですね。

アラを入れたり、汚れを洗ったりする水を入れたりのボールとか

和包丁、二種類がズズズラーっと並んでいます。

鋼とステンレス包丁

ステンレス包丁なら、家でも使っている?と思ったけどと持ってみたら

すっごく重かったー

わが家のは洋包丁で、軽いから

この重い包丁で食材を切るのって、なんか

こ わ い (;一_一)

と少々ビビりながらさばきだしました。

なんだけど、手順忘れて

お隣の若いお嬢さんがサッサとさばいているのを盗み見しながらやっていました。

これじゃ あかんなと、見回っている高橋善郎先生を呼び止めて

手をそえてもらいながら鯵に切れ目を入れていきました。

息子とほぼ同じ位の歳の若さ

おばちゃんドキドキよ~ と書きたいところなんですが

息子みたいなものだと思うとときめきも起こらない、、、ってなに書いてんだか(゚Д゚;)

きれいにおろしている皆さまに比べて、どうにもこうにも・・・

中骨にくっついている身が多くて、切身が小さくなっちゃって

二枚を叩いてなめろうにするところを、三枚でと。。。

でも
P1280767.jpg

叩いて盛り付けるのは 得意よ~( ̄▽ ̄)

自分で作ったなめろうは格別に美味しかったわよ~♪



この他に、おいしい白いご飯と

スタッフの方々が作ってて下さった
P1280772.jpg

あら汁

これまた、美味しく煮つけて下さっていた
P1280773.jpg

鰤の煮つけ、牛蒡と

根三つ葉の湯がいたの

ご馳走になりました!





和食のすばらしさを、熱く語って下さりながらの講習会もおわり

講習会がおわりました。

高橋善郎先生、実はお菓子の先生 たけだかおる先生のHPで知ったのでした。

あの時HPを拝見してよかった~と思う今日この頃。

どこにチャンスが転がっているかわかりませんね(*^^)v




スポンサーサイト
おでかけ | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment


Comment Form













非公開コメントにする