御褒美日記

がんばった自分へのごほうび
2017年07月 ≪  12345678910111213141516171819202122232425262728293031 ≫ 2017年09月
TOPたべもの ≫ おべんとうのおかず、いろいろのレシピ、、、など

おべんとうのおかず、いろいろのレシピ、、、など

P1240542.jpg

金時豆の甘煮

++レシピ++

材料>

・金時豆 300グラム (1袋)
・きび砂糖(お好みの砂糖で) 150グラム
・塩 小さじ1
・水


作り方>
 鍋のふたは しません

① 金時豆をよく洗い痛んだ豆はとりのぞく

② 水からゆでる。3回ほどゆでこぼす

③ やや多めの水でゆで、途中豆をとり出し少しつぶれるまで火が通るまでじっくり加熱する

④ 火が通ってきたようなら、砂糖の半量を入れじっくり加熱する。途中水分が足りなくなってきたら水を足す

⑤ 再度豆をとり出し、半分以上柔らかくなってきたら残りの砂糖を加え加熱する

⑥ 豆が軽く潰れるようになったら、塩を加え火を少し強め1分ほど加熱し火を止め、
水分のある中で豆をそのまま冷ましておく





おべんとうに入れているお浸し

P1240532.jpg

まず、アルミなどの入れ物に花かつおを少々
(写真は、説明のために小皿に入れてます)

次に
P1240534.jpg

下処理をし、味をふくませてある青菜をのせます。

しぼり切らなくても、花かつおが水分を吸収してくれるので

大丈夫 だと思ってます。。。

実際私が食している訳でもなく、食している夫さんからの苦情もないので

きっと、汁がたれているとか、もれているとか

そんなことは、ないもんだと思っているので。。。

でも、どうなんでしょうかねー(;´Д`)


昨日、国営TVの料理番組で

村田吉弘様、煮物の調味料の配合を説明しながら調理されてました。

ほうれんそうのお浸し

ただ湯がいて、水気を切って、絞って

醤油をそえて、はいどおぞ~って言うのが多いと思うけど

お浸しなので

浸さないとね。。。

浸しておけば、お弁当など簡単においしい出汁をふくんだ青菜がいただけますね。




なんて書いてますが、今週ずっと夫さん在宅、少々息がつまる

お弁当作るの大変だけど 深夜で

地蔵さんのようにちっとも動かんからいつもより三倍以上動いているあたし

これで少しは運動不足解消になるのか・・・

では次は、来週になるかも

ごきげんようー


スポンサーサイト
たべもの | Comments(0) | Trackbacks(-)

Comment


Comment Form













非公開コメントにする